大学院留学の情報はここから!

アメリカで大学院留学ができる大学数

アメリカで大学院留学ができる大学数 アメリカには日本と比べると大学院留学が出来る学校が多く、その数は2,000以上もあるとされてます。
世界的にトップレベルのところから大学留学する入学条件が比較的緩いところまで、幅広く選べるのも魅力です。
大学院留学も積極的に行っていて条件付き入学制度を取り入れているところもあります。
アカデミックな学問的研究が主な学術系と、専門職養成教育が目的な専門職系があって、こちらは法学・経営学・医学などの分野があるので将来専門職に就職するための知識や技術が得られます。
学校数が多いので学生も多数いて年齢層の幅も広く平均年齢は30代前半です。
仕事をしながら通学する人が多く、実社会での動きなど情報交換をするにも最適です。
世界中から留学生が集まるので卒業してからのコネクション作りにも向いてます。
学校数が多いのでレベルにあわせて入学条件も色々で、専攻が違っていたり実務経験がなくても条件付きで入学が許可されることもありますし、専攻でGREやGMATなどが必要なので先に試験を受けておくといいです。

大学院留学の魅力やアメリカと日本の大学の違いについて

大学院留学の魅力やアメリカと日本の大学の違いについて 世界のことをもっと詳しく知りたいと感じたとき、積極的に日本を飛び出して海外へ留学することは一番効果的なことかもしれません。
とくにアメリカへ大学院留学することができれば、さらに多くの知識や経験・資格取得・コミュニケーション能力の向上などが期待できます。
そこで、大学院留学を実行するまえに知っておきたいアメリカと日本の大学の違いについて、詳しく説明を交えながら紹介していきます。
まず、両国の大学で一番大きな違いと言えば学費についてでしょう。
米国は世界的に見ても非常に学費が高いことで有名で、年間にして約500万円近くはかかってしまうと把握しておきましょう。
対する日本の大学は、奨学金などの制度を利用することができるなどかなり学費を免除できるシステムが確立しており、年間で約100万円程度で授業を受けることができます。
また、入学試験にも大きな差が存在しており、米国では日本と違って学力診断テストが存在していません。
偏差値や学力を比較するのではなく、高校での実績や活動内容、志望理由や推薦状などが大切になってくるので、生活態度を何よりも重視してやる気や意欲を見せておくことが合格への近道となるでしょう。

新着情報

◎2021/3/3

大学院留学は良い経験になる
の情報を更新しました。

◎2020/12/1

大学院留学で身につく学力
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

大学院留学をするメリットと魅力
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「大学院 魅力」
に関連するツイート
Twitter

Σ('◇'*)エェッ!? 新時代の大学院教育-国際的に魅力ある大学院教育の構築に向けて-答申 第2章-1-1-2

やっぱり阪大の大学院魅力しかない

みんなからの匿名質問を募集中! こんな質問に答えてるよ ● 救われた本や名言、曲はあります… ● 大学院の受験、どのくらいから、… ● 看護業界を変える、または変える… ● 看護師の魅力は何ですか?、これ…

大学院で師事した先生は研究の魅力や共創するための知的創造を身近に感じさせてくれました。 改めてそのチャレンジの凄まじさと,自分以外の可能性が見える先生。 共に並走する研究者によってはその後の教育・研究人生に大きな影響を与えるほどのインパクトがある。

返信先:自分の場合は受けたい大学院の研究室を全て調べて少しでも異なる部分があったらそこを魅力として考えて広げてます〜